出光興産は2月1日、2011年3月期(2010年4月〜2011年3月)の通期業績予想の修正を発表した。純利益が、連結で従来予想の1.5倍となる260億円から400億円に、個別では2倍を超える115億円から260億円に、それぞれ修正された。

前回の業績予想対比で大幅な増益となるのは、前回の見通しから原油価格や石油化学原料ナフサ価格の上昇により、在庫評価益が見込まれること等からとしている。

今回修正された予想数値は、連結で、売上高3兆5500億円(前回予想3兆4400億円:3.2%増)、営業利益990億円(同670億円:47.8%増)、経常利益950億円(同630億円:50.8%増)、純利益400億円(同260億円:53.8%増)。

個別では、売上高3兆1400億円(同3兆0300億円:3.6%増)、営業利益550億円(同280億円:96.4%増)、経常利益540億円(同270億円:100%増)、当期純利益260億円(同115億円:126.1%増)。

1株あたり150円の年間配当予定に変更はない。