NTNが発表した2010年4〜12月期(第3四半期)の連結決算は、営業利益が157億0700万円と黒字転換した。前年同期は42億3100万円の赤字で、200億円近く改善した。

売上高は前年同期比20.7%増の3911億1900万円と大幅な増収となった。グローバルで等速ジョイント、アクスルベアリング、ニードルローラベアリングなどの販売が増加したほか、建設機械や工作機械向けも好調だった。

収益では、為替差損の影響があったものの、増収の効果で経常利益は126億6800万円、当期純利益は102億2900万円となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。