ルークス

全国軽自動車協会連合会が1日発表した1月の軽自動車新車販売台数は前年同月比1.8%減の11万8342台となり4か月連続で減少した。メーカー別では日産自動車のみ増加した。

乗用車が前年同月にくらべ8.4%減の9万1507台、貨物車が同5.5%減の2万6835台だった。メーカー別ではスズキが同14.4%減、ダイハツが同6.1%減、三菱が同1.6%減、スバルが同7.1%減、ホンダが同5.7%減、マツダが同12.6%減だった。日産は同7.9%増と唯一増加した。

市場シェアはダイハツが35.5%、スズキが31.7%、日産が9.9%、ホンダが9.0%、三菱が5.7%、スバルが5.0%、マツダが3.2%だった。