ビックカメラ ラゾーナ川崎店で電気自動車「i-MiEV」の試行販売を開始

ビックカメラは2月1日、ラゾーナ川崎店で三菱自動車の電気自動車『i-MiEV』の試行販売を開始した。三菱自動車では、ヤマダ電機とも2010年12月1日から、東京都、神奈川県、埼玉県の17店舗でi-MiEVの販売を開始しており、家電量販店との取り組みを強化している。

これまで、ビックカメラと三菱自動車は、電気自動車の普及に協力して取組む協定を、昨年11月9日に締結し、i-MiEVを、池袋本店、有楽町店本館、新宿西口店、ラゾーナ川崎店に展示し、三菱の販売会社へ顧客を紹介していた。

今回、両社はラゾーナ川崎店での試行販売に関する覚書を締結、i-MiEVの販売を開始した。ビックカメラでは、電気自動車の購入を検討する顧客に対し、EV専門販売員を設け、試乗会などを通し、さらなる電気自動車の普及促進を図るとともに、エコ家電と合わせ「暮らしの省エネ化」を提案する。

また、家庭で電気自動車の充電環境を整える際に必要な設備工事もビックカメラで提案するとしている。

ビックカメラ ラゾーナ川崎店で電気自動車「i-MiEV」の試行販売を開始 ビックカメラ ラゾーナ川崎店で電気自動車「i-MiEV」の試行販売を開始 ビックカメラ ラゾーナ川崎店で電気自動車「i-MiEV」の試行販売を開始