リーフ。オリックスレンタカー沖縄店で

日産自動車12月1日、沖縄県が「エコリゾートアイランド沖縄推進事業」として観光の環境負荷低減に向けた取り組みに協力し、電気自動車(EV)の『リーフ』を県内のレンタカー各社に合計220台納入したと発表した。

同日に沖縄県豊見城市内で実施された「EVレンタカー出発式」には、沖縄県の上原良幸副知事や県内の経済団体、レンタカー各社、旅行会社などが多数出席した。式典後、会場内に集結したリーフのレンタカー190台が県内各地に出発した。

日産は、2010年度内にリーフのレンタカーを全国に約500台配備する計画で、うち約4割にあたる220台が沖縄に導入される。沖縄県には年間600万人近い観光客が訪れているが、軌道系の交通インフラが未整備なため、観光客の約半数がレンタカーを利用している。

リーフは、EVでありながら大人5人がゆったりくつろげる広いキャビンや加速性能や静粛性、IT技術を駆使した新しい車の使い方が特長。日産では、沖縄を訪れた観光客のレンタカーとしてリーフを利用してもらい、EVのメリットを体験してもらうことで、全国的な普及を促す。

一方、沖縄県にある関連企業は、県内の充電設備の整備を行う共同会社のエー・イー・シーを設立し、県内でのEV普及を積極的に支援しており、既に沖縄本島内18カ所、27基の充電設備を設置し、EVレンタカーの稼働に向けて準備を進めてきた。

リーフのレンタカーはオリックス自動車グループとニッポンレンタカーで利用できる。

ニッポンレンタカーは、リーフを沖縄に100台配備