GSユアサグループは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げたH-II Bロケット2号機と、搭載された宇宙ステーション補給機「こうのとり」の2号機(HTV)にGSユアサテクノロジー製の高性能リチウムイオン電池が搭載されたと発表した。

H-II Bロケット2号機に搭載したリチウムイオン電池はロケットの制御系機器などに電力を供給する。HTVに搭載されたリチウムイオン電池は、太陽の影に入った際の電力を供給する。

GSユアサのリチウムイオン電池が宇宙という厳しい環境下でも高性能を発揮し、技術の信頼性が高いと評価されたと、している。

今後、年1回のペースで国際宇宙ステーションに食糧や衣類、各種の実験装置などの補給物資を輸送するのに貢献する。

GSユアサでは、2009年9月にJAXAが打ち上げた「こうのとり1号機」にもリチウムイオン電池を供給した。