日野自動車は、2011年3月期の通期連結業績見通しを上方修正した。

トラック・バスの売上げ台数は前回予想よりも1万4000台増となる29万4000台を予想。海外売上げ台数は、オセアニアで想定を若干下回る見通しとなったものの、アジアや中南米、欧州が想定以上に好調なことから、前回予想より3900台増の81万9000台台となる見込み。

さらにトヨタ自動車からの受託生産車は、前回予想より5600台多い167万6000台に上方修正した。

これらの結果、売上高は前回予想よりも600億円増の1兆2600億円となる見込み。収益も売上げ増の効果で、営業利益は50億円増の300億円となる見通し。経常も50億円増の250億円、当期純利益が10億円増の90億円にそれぞれ上方修正した。