スバルの海外生産増に貢献しているアウトバック(日本名レガシィアウトバック)

日本自動車工業会が発表した2010年1〜9月期の日系自動車メーカーの海外生産台数は、前年同期比38.4%増の968万1057台となり、大幅に増加した。

2010年の1年間の四輪車の国内生産台数は962万5940台で、海外生産は9か月間でこれを上回った。

生産エリア別では、最も生産台数が多いアジアが同44.6%増の513万941台で、全体の約半分をアジアが占めた。中国やインド、タイなどで各社が増産しているため。

北米は同43.1%増の258万7185台と本格的に回復している。欧州も同13.5%増の100万1192台と好調だった。このほか、中南米は同28.1%増の72万3880台、大洋州が同39.3%増の9万2200台だった。