CG150 TITAN MIX ES(ブラジル)

ホンダは、2011年3月期の通期連結業績見通しで営業利益を前回予想の5000億円から6200億円に上方修正した。

アジアや南米地域での二輪事業が予想以上に拡大する見通しのほか、北米でのモデルミックスの改善、コストダウン、金融ビジネスの収益改善などで前回予想から1200億円の増益を予想。

売上げ台数見通しは、四輪車が前回予想よりも3万5000台マイナスの358万台となるが、二輪車が4万5000台プラスの1153万5000台、汎用事業が4万5000台増の561万台となる見込み。

売上高は8兆9000億円と前回予想から1000億円下方修正した。為替換算の影響や四輪車の下方修正などを織り込んだ。


税引前当期純利益は前回予想よりも1300億円増の6650億円となる見通し。

最終利益は営業増益に加えて、アジアを中心とした関連会社の持分利益が想定を上回る見込みとなったため、前回見通しよりも300億円増の5300億円に上方修正した。

Wave110i AT(ベトナム)