アコード(US)

ホンダが発表した2010年4〜12月期(第3四半期)の連結決算は、当期純利益が前年同期比149.5%増の4895億円と、前年同期の2倍以上の増益となった。

四輪車の国内売上げ台数は同5.0%減となった。海外売上げ台数は欧州で減少したものの、北米やアジアで増加し同7.6%増の221万2000台となった。この結果、四輪車合計の売上げ台数は同5.3%増の265万2000台となった。

二輪車はアジアや南米を含むその他地域で増加し、売上げ台数は同20.9%増の851万1000台と大幅に増加した。汎用事業も海外が伸びて同20.3%増の347万9000台となった。

売上高は、金融サービス事業が為替換算の影響で減収となったものの、四輪車、二輪車、汎用の各事業の台数増加による増収の効果で同6.7%増の6723億円となった。

収益では、販売費・一般管理費の増加や為替差損などの影響があったものの、売上げ増加やモデルミックスの改善、増産に伴うコストダウン効果などで営業利益は同95.6%増の5235億円、税引前四半期純利益が同128.3%増の5539億円と大幅な増益となった。

シティ(インド)