MRワゴン新型

“くつろげる空間”をテーマとした新型スズキ『MRワゴン』は、カーデザインのセオリーにとらわれずに表現されているという。

四輪技術本部第一カーラインチーフデザイナーの日置教喜さんは、「最近のインパネはダイナミックな“V字カット”などが非常に多いと思います。それがセオリー(定法)だとすると、我々はそういうセオリーから離れ、インテリアとしてもっとふさわしい構成でデザインできないのかと思いました」と話す。

その解答は広さや快適性であった。「こういったベースから考えました。見る人が見れば昔に戻ったような見え方をするかもしれませんが、いまのセオリーから一歩脱却し、次の世代のデザインだと思っているのです」と語る。

MRワゴンのインテリアで一番のポイントはタッチパネルオーディオであろう。「これはデザイン部署からの提案で開発が始まりました。この開発は非常に大変でピアノブラックの光の反射や、タッチセンサーそのものをどうするかなど問題点は満載でした」。

また、「この材質感や、インパネに対して2段構成になっているなど、原価的に無理はありましたが、そこを押してでも表現する必要性があったのです」という。

「今回のインテリアラーであるブラック・アンド・ホワイトというちょっとクールでモダンな表現を取り入れながら、タッチパネルを採用したことで、若い人たちに評価してもらえるインテリアのコーディネーションであって欲しいと思っています」

MRワゴン新型 MRワゴン新型 MRワゴン新型 MRワゴン新型 MRワゴン新型 MRワゴン新型 MRワゴン新型 MRワゴン新型