CT200h

レクサス『CT200h』は二面性を持ったモデルだと、トヨタ自動車レクサスセンター、チーフエンジニアの定方理さんはいう。定方さんは、「レクサスの“この道と語り、この星を想う”という言葉を思い出して欲しい」という。

この言葉は「レクサスブランドが目指す姿を表現した言葉で、相反する二つの性能を両立させようという、いわゆる“二律双生”の気持ちをうたったものです」と話す。それを踏まえ、CT200hは「世界中のユーザーが求める、相反する二つの性能を両立する“二律双生”、いわゆる二面性の実現を目指して開発したのです」。

「このクルマは、アグレッシブに走りたいという気持ちで乗れば、思いのまま、意のままにコントロールできるハンドリング性能を実現しています。そして心を落ち着けて安らかに走りたいときには、静かで、地球環境にも優しい性能。これの二つの相反する性能を両立することが、CT200hの二面性なのです」

CT200h CT200h CT200h CT200h CT200h