フォーミュラXL1

フォルクスワーゲンが、26日に開幕したカタールモーターショーで披露した超低燃費コンセプトカー、『フォーミュラXL1』。同車が市販される可能性が出てきた。

これは26日、『オートモーティブニュース』の欧州版が報じたもの。同メディアのインタビューに応じたフォルクスワーゲングループのフェルディナント・ピエヒ会長は、「我々は2013年、フォーミュラXL1を量産に移すつもりだ」と話したという。

フォーミュラXL1は、800ccの2気筒ターボディーゼル「TDI」(最大出力48ps) にモーター(最大出力27ps)を組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。欧州複合モード燃費111.1km/リットル、CO2排出量24g/kmと、世界一の環境性能が売りだ。

それだけに市販されれば、フォルクスワーゲンのエコイメージを最大限引き上げる効果をもたらすのは間違いないところ。同社のマルティン・ヴィンターコルンCEOも、別のメディアの取材に対して、「フォーミュラXL1は、まずドイツを中心にした欧州で発売する。その後、米国や中国に投入したい」と語っている。

量産に移されるのは、ほぼ確実なフォーミュラXL1。しかし、その生産台数は最大でも100台と、極めて少量になる見込みだ。

フォーミュラXL1 フォーミュラXL1 http://europe.autonews.com/