F-Cellワールドドライブ

ダイムラーは29日、メルセデスベンツ『Bクラス』をベースにした燃料電池車、『BクラスF-CELL』で、世界一周ツアーを行うと発表した。

これは1886年1月29日、メルセデスベンツの生みの親、カール・ベンツ氏が世界初の内燃機関車を開発してから、125周年に当たるのを記念して行うもの。いわば、「自動車誕生125周年」の壮大なメモリアルイベントだ。

ツアーは30日、ドイツのメルセデスベンツ本社をスタート。3台のBクラスF-CELLは、世界4大陸・14か国を周遊し、出発地点のドイツ・シュツットガルトでゴールする。総走行距離3万kmを、125日かけて走破する予定である。

ドライバー陣も豪華。F1ドライバーのニコ・ロズベルグ選手をはじめ、元F1ドライバーのミハエル・シューマッハ氏、デビッド・クルサード氏らがBクラスF-CELLのステアリングホイールを握る。

ダイムラーは、すでにドイツや米国で、BクラスF-CELLのリース販売を開始。今回の世界一周ツアーで、その耐久性や実用性をアピールする計画だ。

F-Cellワールドドライブ F-Cellワールドドライブ