日本軽金属が発表した2010年4〜12月期の連結決算は、営業利益が前年同期の10倍以上の196億2100万円となった。

売上高は前年同期比0.4%減の3231億8500万円と微減。主に自動車、電機・電子分野の生産回復を受けて、受注が増加した。特に地金部門は、主力である自動車向け二次合金の分野で、国内外で販売量が増加した。押出製品部門は、主力となる輸送分野で足廻り部品や屋根材等の自動車関連が国内外で好調に推移したほか、鉄道車両向け・トラック向け部材も堅調に推移した。

収益では、経常利益は149億1100万円と黒字転換した。当期純利益も86億7800万円と黒字だった。

通期業績見通しは売上高が同8.8%減の4200億円、営業利益が同199.8%増の230億円、経常利益が同533.9%増の179億円、最終利益が同259.9%増の75億円となる見通し。