東海ゴム工業が発表した2010年4〜12月期(第3四半期)の連結決算は、経常利益が前年同期比165.0%増の107億6800万円と大幅増益となった。

売上高は同18.4%増の1942億4000万円と大幅増収となった。自動車生産台数の増加により、自動車用防振ゴム・ホース、ウレタン内装品・制遮音材の受注が好調に推移したため。

収益も売上げ増や企業体質強化に向けた構造改革や総原価低減活動の効果で、営業利益は同139.0%増の112億6100万円となった。当期純利益は72億2800万円となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。