メガソーラーいいだ

飯田市と中部電力は28日、長野県飯田市川路城山に建設した太陽光発電所「メガソーラーいいだ」が営業運転を開始したと発表した。

中部電力が事業用太陽光発電所を稼働させるのは初めて。飯田市は自然エネルギーを利用する環境モデル都市となっており、メガソーラーいいだはそのシンボルとなる施設。

発電所の出力は1000kW(1MW)で、クリーンエネルギーを活用することでCO2を年間約400t削減できる見込み。

飯田市は、この発電所を活用した太陽光発電の普及啓発活動を行うなど、環境モデル都市として、低炭素な環境文化都市の創造に向けた取り組みを積極的に展開するとしている。