MRワゴン新型

スズキから発表発売された3代目『MRワゴン』のデザインについて、四輪技術本部第一カーラインチーフデザイナーの日置教喜さんは、少しでも目を引くように表現しているポイントが多くあるという。

まず、フロントでは、「“グリルレスフェイス”というのをテーマにしており、グリルがない顔に興味を持ってもらいたい」と話す。そのフロントフェイスは「全体を出来るだけ左右に回り込むようにして、なじみの良いものにし、そこに半円形のヘッドランプを置くことで、キャッチーなモチーフとし、興味を持ってもらおうとしています」という。

フロントのターンランプも「近年はヘッドランプと一体化になっていますが、それをあえて別体とし、その丸いランプも目を引く要素として独立させました」という。

「これらにより表情が出せ、何か気になるという期待感は持ってもらいたいのです」

そしてサイドは、「Aピラーを起こして、ルーフは長く、鼻が短いプロポーションです。このプロポーションの格好良い悪いは別として、このクルマの一番強い特徴なのです」という。

それを強調する意味で、「通常Aピラーからのラインは、ルーフからリアへ流れるパターンが多いですが、新型MRワゴンではフロントウインドウを囲むようにAピラーをデザインしました。ウインドウフレーム、写真立てのように、乗っている人が主役に見えるような額縁状に仕上げてもいます。本当は色などを変えてやってみたかったのですが」と語る。

「キャビンの大きさと、その大きさから見える中の広さに対する期待感は他のクルマにはないものとなりました」と、デザインに自信を見せた。

MRワゴン新型 MRワゴン新型 MRワゴン新型。Aピラー上部とルーフ前部との間にラインが入っている MRワゴン新型 MRワゴン新型