スバル レガシィ 2.5i tS コンセプト

東京オートサロン2011に、スバルとSTIはコンセプトモデルとして『レガシィ』の「2.5i」をベースとした“tS”を出展した。tSはSTIによるコンプリートカーのブランド名で、すでにレガシィではトップモデルの「2.5GT」に設定し限定台数の600台を売り切った。

STI車両実験部部長の辰巳英治氏は、「2.5GT tSは大変好評だったが、ターボモデルほどの高性能はいらない、というお客様のニーズもある。NAモデルでも、tSの上質さを十分理解していただけるはず」と述べる。実際、オートサロンの反応は上々で、早くからの市販を望む声もあったという。

またオートサロンでは同時に『エクシーガ』の「2.0GT」ベースのtSコンセプトモデルも展示していたが、こちらはブレーキの強化やホイールの大径化など足回りのチューニングを重点的に実施。

「走りを好むミニバンオーナーは多いが、多人数が乗るミニバンではブレーキに不安を持つケースも良く見受けられる。そこでエクシーガのtSコンセプトではブレンボ製ブレーキを採用しています」と辰巳氏。こちらも「できるだけ早く市販車をお見せしたい」とのことだ。

スバル レガシィ 2.5i tS コンセプト スバル レガシィ 2.5i tS コンセプト 車両実験部 部長 辰巳英治氏 スバル レガシィ 2.5i tS コンセプト スバル レガシィ 2.5i tS コンセプト スバル レガシィ 2.5i tS コンセプト スバル レガシィ 2.5i tS コンセプト スバル レガシィ 2.5i tS コンセプト