S60 新型(写真は海外仕様)

ボルボ・カーズ・ジャパンは27日、ミッドサイズセダン『S60』を3月5日から販売すると発表した。S60は、時速35km以下のとき、歩行者や前方走行車両との衝突を回避する機能「ヒューマン・セーフティ」搭載した。

ヒューマン・セーフティは、身長80cm以上の歩行者を検知し、衝突事故を回避・軽減するもの。車両のグリル部に設置されたレーダーが前方の物体を検知し、車内バックミラー前方に設置されたデジタルカメラがその物体の種別を特定。「人」と特定され、危険な状況と察知した場合に警告を発する。

さらに、ドライバーの反応が間に合わなければ、システムが自動的に働き車を停止、または減速する。これによって、時速35km以下での走行時に歩行者との衝突を可能な限り回避する。時速35km以上での走行時も、衝突時の速度を最大限に減速し、衝突エネルギーを軽減する。

ラインナップは、全3モデル。搭載するエンジンは、3.0リットル6気筒ターボと新開発1.6リットル直列4気筒直噴ターボの2種類。1.6リットル車の「S60 DRIVe」ではボルボ初のエコカー減税対象車の認定を取得した。


価格
●S60 DRIVe:375万円
●S60 T6 AWD SE:519万円
●S60 T6 AWD R-DESIGN:579万円

S60 新型(写真は海外仕様) S60 新型(写真は海外仕様) S60 新型(写真は海外仕様) S60 新型(写真は海外仕様)