フリード

ホンダが発表した2010年12月の四輪車の生産・販売・輸出実績によると、世界生産台数は前年比0.3%増の28万7740台と微増ながら13か月連続でプラスだった。

国内生産は同3.1%減の8万3652台と2カ月ぶりにマイナスとなった。エコカー補助金制度の終了による反動減で国内販売が低迷、減産しているため。

海外生産は同1.8%増の20万4088台と14カ月連続で前年を上回った。北米は同2.3%減となったものの、アジアが同3.4%増、欧州も同12.5%増、その他地域も同14.1%増と順調だった。アジア・中国の生産台数は12月として過去最高だった。

国内販売は同35.2%減の4万1927台と大幅マイナスとなった。4か月連続のマイナスで登録車がほぼ半減したほか、軽自動車も不振だった。

輸出は同108.8%増の2万7381台と倍増し、2か月連続でプラスとなった。北米向けが2.6倍に増加したため。

フィット