奈良県警は24日、酒気帯び状態で乗用車を運転中に赤信号を無視したとして、奈良県大和高田市内に在住する49歳の男を逮捕した。男は同地名産の奈良漬を食べたと言い訳したが、警官に飲酒を見破られたという。

奈良県警・橿原署によると、逮捕された男は24日の午前1時20分ごろ、橿原市曽我町付近の国道24号で乗用車を運転中、赤信号を無視して交差点を通過した疑いがもたれている。

パトロール中の同署員が違反を現認。車両を抑止して職務質問しようとしたところ、男の酒臭さに気づいてアルコール検知を実施。この結果、呼気1リットルあたり0.25ミリグラムのアルコール分を検出した。

しかし、男は「奈良漬を食べただけ」と釈明。飲酒運転を否認したが、奈良漬けに約400gを一気に食べた量に換算されるアルコール分であったことから、署員は嘘と見抜き、道路交通法違反(酒気帯び運転、信号無視)の現行犯で逮捕している。

逮捕後、男は供述内容を一変。「香芝市内の飲食店でウイスキーを飲んだ」などとして、飲酒運転の事実を大筋で認めている。奈良県内では同地の名物でもあり、少量のアルコール分を含む「奈良漬を食べた」という言い訳が飲酒運転の取り締まり現場で頻発しているが、「食べた」とする奈良漬けの量を警官が求めると、答えに詰まる違反者が多いようだ。