燃料漏れのおそれがあるとして北米でリコール対象となったGS

トヨタ自動車が26日、『クラウン』、『マークX』、レクサス『IS250』の3車種を対象に国土交通省に届け出たリコール(回収・無償修理)。このリコールが、北米にも波及した。

今回のリコールは、燃料圧力センサーの不具合が原因。エンジンのデリバリーパイプに取り付けている燃料圧力センサーの締め付けが不十分なため、これが緩み、燃料圧力センサーの取り付け部のネジを伝って燃料が漏れる恐れがあるというものだ。

米国トヨタ販売が26日に発表したところによると、北米ではレクサス主力車種が、このリコールに該当。対象となるのは、2006〜07年型の『GS300/350』、06〜09年型の『IS250』、06〜08年型の『IS350』で、合計24万5000台に上る。

なお、トヨタによると、このリコールは全世界では130万台が該当するという。

リコール対象となったIS