日立建機が発表した2010年4〜12月期(第3四半期)の連結決算は、営業利益は228億1200万円と前年同期の10倍以上の増益となった。

売上高は前年同期比28.1%増の5301億2800万円と大幅増収だった。中国をはじめとするアジアの新興市場向けや米国向けの建機が好調に推移した。

収益は、売上げ増の効果で経常利益は207億7300万円と黒字転換した。当期純利益は60億4800万円と黒字化した。前年同期は88億円の赤字だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。