A1

アウディのエントリーモデルである『A1』が日本でもデビューした。2007年の東京モーターショーでデビューした『A1プロジェクトクワトロ』が予告だった。デザインも同じものををモチーフとしている。

一番それが表れているのはコントラストルーフと呼ばれるルーフラインであろう。このルーフラインは、ボディ同色にも、4色のカラーバリエーションから塗り分けることも可能である。広報部長の小島誠さんによると、この部分の塗装は複数の工程を取る必要があるため、役員会ではかなり議論がなされたが、チーフデザイナーは譲らず、実現にこぎつけたのだという。

また、アウディ全体のデザイン的な特徴も守られているという。そのひとつは黄金律である。「グラスエリアとドアパネルとの(高さの)比率が1:2になることです」。これにより、完璧なバランスが生み出せるのだという。

「他のアウディと同様、トルネードラインなどの特徴もあり、そのデザイン哲学は守られています。必要な線のみで構成されていて、すっきりしたデザインとなっていると思います」と語った。

A1 A1 A1 A1 A1 A1 A1プロジェクトクワトロ A1プロジェクトクワトロ