タイプ125

ほとんどF1マシンに近いことで話題のロータスのサーキット専用車、『タイプ125』。同車のテストに、元F1ドライバーのナイジェル・マンセル氏が参加することが分かった。

ロータスはかねてから、タイプ125の開発に、モータースポーツ界の大物が参加することを予告。今回、そのドライバーが、ナイジェル・マンセル氏と明かされた。

ナイジェル・マンセル氏とロータスの関係は深い。1980年、マンセル氏が最初に乗ったF1マシンがロータスだった。その後、マンセル氏は1984年まで、ロータスに在籍している。

マンセル氏は今回、アブダビのヤスマリーナ・サーキットでのタイプ125のテストに、元F1ドライバーのジャン・アレジ氏らとともに参加した。「タイプ125には興味を持っていたんだ。たくさんの思い出があるロータスと、再び仕事ができてうれしいよ」(マンセル氏)とコメントしている。

資料画像