V8ヴァンテージS

アストンマーチンは25日、『V8ヴァンテージS』を発表した。V8ヴァンテージの高性能バージョンに位置づけられる。

同車は『V8ヴァンテージ』と『V12ヴァンテージ』の間を埋めるモデルとして開発。V8ヴァンテージでは物足りない、でもV12ヴァンテージほどのパワーはいらない、という顧客に向けてリリースされる。

エンジンはV8ヴァンテージの4.7リットルV型8気筒ガソリンをベースに、吸排気系を専用チューン。最大出力は10psプラスの436ps/7300rpm、最大トルクは2kgmプラスの49.9kgm/5000rpmを獲得した。アストンマーチンによると、専用のエグゾーストが、さらに痛快なサウンドを奏でるという。

トランスミッションは、6速から進化した新開発の7速「スポーツシフト2」。シフトチェンジの時間を、従来よりも20%短縮することに成功した。

足回りは、スプリングやダンパーを専用チューン。大径フロントブレーキ、クイックステアリングレシオ、新しいDSC(ダイナミックスタビリティコントロール)などが採用されている。

内外装はスポーツ性がさらに強調され、カーボンファイバー製リップスポイラー、専用バンパー、カーボンファイバー製ディフューザー、大型リアスポイラー、19インチアルミホイールなどを装備。インテリアには、スポーツシートやスポーツステアリングホイールが奢られた。

ヴァンテージSは、クーペとロードスターの2ボディを用意し、全世界で販売開始。同社のウルリッヒ・ベッツCEOは、「V8ヴァンテージのあらゆる性能を進化させたのが、このヴァンテージS」とコメントしている。

V8ヴァンテージS V8ヴァンテージS V8ヴァンテージS V8ヴァンテージS V8ヴァンテージS V8ヴァンテージS V8ヴァンテージS V8ヴァンテージS