世界限定1911台の 911ブラックエディション

ポルシェAGは、最高出力345PSを発生する3.6リッターエンジンを搭載した『911カレラ』をベースに特別装備を施した限定モデル「911ブラック・エディション」を導入すると発表した。

限定車はクーペとカブリオレの両ボディを設定し、ボディカラーはブラックのみ。1911台限定生産で、2011年春から世界各国のマーケットへ順次導入する。

911ブラックエディションのボディカラーは「ソリッドブラック」が標準で、オプションとして「バサルトブラックメタリック」も設定する。カブリオレのソフトトップはブラックとなる。カラーのアクセントとして19インチ911ターボIIツートンカラーホイールを採用する。ホイールのリムから見える対向4ピストンのアルミニウム製モノブロックキャリパーもブラック仕上げとする。

ステンレススチール製ドアエントリーガードには黒字で「Black Edition」のロゴを装着する。インテリアカラーは基本的にはボディカラーと統一感をもってまとめる。高品質なパーシャルレザーシートを装備し、オプションでレザーインテリアを選択できる。スポーツデザインステアリングホイールも標準装備し、メータパネルはブラックで仕上げる。グローブボックスリッドには、911ブラックエディションが限定生産であることを示すプレートが取り付けられる。

ダッシュボードの装飾トリム、シフトレバー/セレクターレバー、エアベントにはアルミニウムルック仕上げを施す。リアセンターコンソールはボディカラー同色仕上げ。

また、限定車にはBOSEサラウンドサウンドシステムを標準装備する。車内の音響特性を踏まえて特別にチューニングを施したシステムで、アクティブサブウーファーとセンタースピーカーを含む合計13個(カブリオレでは12個)のスピーカーと総出力385Wの7チャンネルデジタルアンプを備える。

このほか、パークアシストシステム、クルーズコントロール、自動防眩ルームミラー、ドアミラー、レインセンサーなども設定している。

スポーツ性能と快適性を向上させるポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)、または車高を20ミリ低くしてリミテッド・スリップ・リアディファレンシャルを装備したPASMスポーツシャシー、制動力を高めるポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)もオプションで用意する。

日本への導入台数、価格については後日発表される予定。

世界限定1911台の 911ブラックエディション 世界限定1911台の 911ブラックエディション 世界限定1911台の 911ブラックエディション