2010年ジュネーブで発表されたコンセプト 2uettottanta

アルファロメオが3月1日に開幕するジュネーブモーターショーに、新しいスポーツカーのコンセプトモデルを出品する可能性が出てきた。

これは、ギリシャの自動車メディア、『Autoblog.gr』が22日に報じたもの。同メディアがギリシャのフィアットグループ関係者から得た情報によると、このスポーツコンセプトは『4C GTA』と呼ばれ、2シーターの軽量小型ロードスターになるという。

また、エンジンは1.75リットル直列4気筒ターボエンジンで、最大出力は265psを発生。日本円で2200万円以上だった『8Cコンペティツィオーネ』のような高価なモデルではなく、市販時には身近なプライスタグを掲げるとのことだ。

ところで、アルファロメオは昨年のジュネーブモーターショーにおいて、イタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナが手がけたコンセプトカー、『2uettottanta』(デュエットタンタ)を披露。4C GTAは、このモデルをより市販に近づけたコンセプトカーになると見られている。

2010年ジュネーブで発表されたコンセプト 2uettottanta 2010年ジュネーブで発表されたコンセプト 2uettottanta http://www.autoblog.gr/