東京国際カスタムカーコンテスト、VeilSide4509GTR がグランプリに決定

東京オートサロン2011で開催された「東京国際カスタムカーコンテスト2011」で、ヴェイルサイドの『VeilSide4509GTR』がカスタムカーグランプリに決定した。

グランプリを獲得したVeilSide4509GTRは、同コンテストのコンセプトカー部門に出品、トヨタ『スープラ』をベース車にデザインと性能を極限まで追い求め、究極のコンプリートカーを造り上げたという。

グランプリカーを制作したヴェイルサイドでは、数々のドレスアップカーやコンプリートカーを製作。同社制作のカスタムカーは、映画『ワイルドスピード』にもメインカーとして出演しているという。

同コンテストでは、「コンセプトカー」、「チューニングカー」、「セダン」、「ミニバン・ワゴン」、「SUV」、「Kカー・コンパクトカー」、「インポートカー」、「ECOカー」、の各部門で最優秀賞1台、優秀賞2台が、オートサロン来場者の投票によりそれぞれ選出され、グランプリは、選出された最優秀賞8台から、さらに公式ウェブサイト上の投票により決定された。

東京国際カスタムカーコンテスト、VeilSide4509GTR がグランプリに決定 東京国際カスタムカーコンテスト、VeilSide4509GTR がグランプリに決定 東京国際カスタムカーコンテスト、VeilSide4509GTR がグランプリに決定 東京国際カスタムカーコンテスト、VeilSide4509GTR がグランプリに決定 東京国際カスタムカーコンテスト、VeilSide4509GTR がグランプリに決定