ボルト

GMが2010年末、米国の一部エリアで発売したプラグインハイブリッド車、シボレー『ボルト』。同車の生産台数を、倍増させる方針だという。

これは22日、『ブルームバーグ』が報じたもの。同メディアによると、GMのダン・アカーソンCEOは、12年のボルトの生産台数を、当初目標の6万台から12万台へ倍増させる構想を役員に示したという。

これは、ボルト用のリチウムイオンバッテリーの供給にめどが付いたのと、米政府による7500ドル(約62万円)のタックスクレジットが、ボルトの購入者に適用される見込みとなったことを受けてのもの。

ボルトの米国ベース価格は、4万1000ドル(約340万円)からと、顧客にとっては高値感がある。アカーソンCEOの自信とは裏腹に、ボルトが売れるかどうかに注目が集まっている。