ソリオ新型のグレードX。カラーはクラッシーレッドパール

新型スズキ『ソリオ』のパッケージチェックを、180cmオーバー・90kgアンダーの巨漢記者が実際に乗り込んで行ってみた。前列に続いて、今度は後列と荷室をクローズアップ。

最上級グレードの「S」に至っては、両側が挟み込み防止機能および半ドア状態からでも自動で閉まるスライドドアクローザーを装備したパワースライドドアとなっており(「G」と「X」は左側のみ)、後席の乗降を重視した作りになっている。開口幅は580mm、開口高は1230mm、ステップ高は365mmといった具合だ。

注目しておきたいのが、スライドドアの振り出し量。要は、開いた時に、どれだけ外側にはみ出すか、というわけだが、わずか150mm。乗り降りのしやすさに加えて、狭いところで、壁や隣に駐車している車にぶつけたりといったことがないように配慮されているのである。

後列は前後乗員間距離が1025mmと比較的ゆったりとなっており、SとXは左右独立してのスライド機構も採用、よりゆったりとしている。また、全グレードがリヤシートもリクライニング機構を採用しており、後席の居住性にも目をつぶらない。そのほか、センターウォークスルーを採用しているので、全後列を行き来しやすいように、後列のフロアがフラットになっている点もポイント。前列後列共に左右に通り抜けやすい設計となっている。

荷室は、後列シートそのままでも、ゴルフバックを2つ入れられる余裕がある。また、ワンタッチで後列シートは前に倒すことができ(SとXは分割可倒式)、荷室スペースを広げることができる。発表会場ではマウンテンバイクを2台(26インチと20インチ)、立てたまま積んで見せていた(SとXで可能)。室内高がクラストップの1345mmと高いこともあり、通常なら載らなそうな背のあるものでもそのまま載せられてしまうのである。

荷室スペースの開口部は、開口高が960mm、開口幅が1065mm。荷室開口地上高は690mmとなっており、重い荷物でもあまり腰を曲げないで載せ降ろしができるようになっている。

ソリオ新型。後席スライドドア。最上級のSの場合、両側がスライドドアとなる ソリオ新型。スライドドアの振り出し量。150mm ソリオ新型。後列は、SとXは左右独立のスライドが可能。さらに、全グレードがリクライニング機構を搭載 ソリオ新型。後列のヒザ回りは余裕。写真は若干前に出たい状態だが、目一杯下げても記者でも余裕があり ソリオ新型。床はフラット。車内での移動が楽な設計になっている ソリオ新型。荷室スペースの開口部。シートはワンタッチで前に倒せる ソリオ新型。ゴルフバッグを積んだ状態 ソリオ新型。後列シートを片側だけ倒した状態。助手席も倒せるので、絨毯などの長いものも載せやすい ソリオ新型。後列シートを完全に倒した状態。助手席も倒した状態なら、室内長2m以上なので、大人も横になれる ソリオ新型。26と20インチのマウンテンバイクを計2台搭載したところ。載せ方次第で、26インチ2台もいけそうである ソリオ新型。マウンテンバイクのような大きなものも、スライドドア側からサポートすれば載せ降ろしが楽そうだ