表示画像

日立建機とクラリオンは、建設機械に搭載する複数のカメラからの合成画像を運転席に設置したディスプレイに表示する『オーバービューモニターシステム』を共同開発した。

現在はプロトタイプでの基本性能を確認している。今後は日立建機のマイニングダンプトラックと、超大型油圧ショベルの仕様に合わせたシステムを2012年春ころまでに製品する予定。

オーバービューモニターシステムは、クラリオンの車載用小型カメラ技術をベースに、建設機械に複数の広角カメラを搭載し、各カメラの画像を変換・合成、機械を中心として上空から見下ろしたような映像を運転席ディスプレイに表示する。

機械の近くに加え、より広範囲を監視する必要がある建設機械のニーズに合わせて、「ズーム表示」と「ワイド表示」の切り替えが可能となる。オペレーターは、他の建設機械やサービスカーとの位置関係など、機械の周囲状況を瞬時に把握可能できるため、事故防止が実現するという。

日立建機は、01年に他社に先駆けて、後方監視カメラと運転席ディスプレイからなる「バックモニターシステム」を油圧ショベルにオプション装備し、06年には、世界で初めて6.5t以上のすべての油圧ショベルに標準搭載した。