マツダ、2012年春に電気自動車のリース販売を日本で開始

マツダは24日、『デミオ』をベースにした電気自動車(EV)を自社開発し、2012年春より日本国内でリース販売を開始すると発表した。電気自動車の航続距離は200km程度を目指しており、日本国内の地方自治体や法人顧客を中心に販売を行う予定。

マツダでは、内燃機関を中心とするベース技術の一層の向上を図っていく一方で、市街地など近距離でコミューターとしての活用に適したEVについても継続的な研究開発を進めている。今回のリース販売を通してユーザーの利便性や電気駆動技術の実用性などについてさらなる知見を深めていくとしている。

ベース技術を一新し飛躍的な環境性能の改善を実現する SKYACTIV ベース技術を一新し飛躍的な環境性能の改善を実現する SKYACTIV ベース技術を一新し飛躍的な環境性能の改善を実現する SKYACTIV ベース技術を一新し飛躍的な環境性能の改善を実現する SKYACTIV