竹原製煉所(広島県竹原市)

三井金属は、約70億円を投じて車載向けリチウムイオン二次電池用マンガン系正極材料の生産設備を竹原製煉所(広島県竹原市)に新設する。

竹原製煉所では電動工具向け、携帯電話向けのマンガン系正極材料を月産80tレベルで製造している。今回、電気自動車やプラグインハイブリッドカー向けに需要の増加が見込まれる車載向けのリチウムイオン二次電池用正極材の需要増に対応するため、年産1万2000tの生産能力を持つ製造設備を増強する。生産能力は従来と比べて約10倍に増強される。

新しい生産設備の操業・供給開始は2012年度の予定。従来のマンガン系正極材料工場とは別に建屋を新設する予定。

マンガン系正極材料はリチウムとマンガンの酸化物であり、リチウムイオン二次電池の正極材として使用され、電気自動車市場向けなどに需要が急速に伸びることが予想されている。同社では今回の生産設備設置の新設を機に、車載向けリチウムイオン二次電池用正極材市場のシェアを確立する。