三菱重工業は、歯車量産ラインに対応した歯車研削盤「ZE15B」を開発した。高速・高精度な仕上げ加工能力が特長で、ワーク交換などに必要な非加工時間も短縮することで生産性を向上、自動車製造業界を中心に幅広く拡販していく。

ZE15Bは、歯車研削盤「ZE15A」を改良、最大外径150mmまでの歯車加工ができ、量産対応性を高めた。設置場所の省スペース化ニーズに対応して設置面積は幅3980mm、奥行4000mmと10%小さくなっている。

新開発のツインテールストック式ワーク交換装置を搭載し、非加工時間を5秒に短縮した。機械の剛性を高め、砥石回転速度を最大6000回転/分と3割強、高速化することで短い時間で一層の高能率研削加工を実現した。高速・高剛性で砥石を成形・目直しするドレス装置を採用し、ドレス時間を短縮するとともに、多条ドレスや歯底研削などにも対応できるようにした。

砥石交換、ドレッサー交換の後に必要な歯合わせ作業も自動化し、操作性を向上したほか、複雑な歯面形状にも対応できるように歯形修正機能や、歯面ねじれであるバイアスの修正機能も搭載する。

自動車メーカーから自動車の静粛性や燃費の向上、生産コストの低減に向け、ミッションギヤなどの各種歯車を高精度・高能率、低コストに加工できる設備のニーズが高まっており、こうしたニーズに対応した。歯車量産現場の品質・コスト競争力アップに貢献する機械として拡販を狙う。