イメージ

愛知県みよし市園原在住の会社員(31)が23日、愛知県警天白署に自動車運転過失傷害と道路交通法違反の容疑で逮捕された。容疑者はトヨタ自動車の社員。飲酒運転中に事故を起こし、現場を離れた。

容疑者は同日午前3時10分頃、県道56号を走行中に名古屋市天白区平針1の長田交差点を赤信号を無視して進入。同区の会社員(51)の運転する軽四貨物車と衝突した。現場は見通しのいい直線路。酒気帯び運転だった。

軽四貨物車の会社員は鎖骨を折るなど1か月の重傷を負ったが、同容疑者は救護せず、そのまま逃走した。その後、現場に戻ったところを任意同行を求められ、逮捕された。

トヨタ自動車は「休日のためコメントすることはできない」と話した