昭和シェル石油の太陽電池子会社のソーラーフロンティアは、ドイツの太陽光発電システムインテグレーターであるMHHソーラーテクニクとの間で、販売に関するパートナーシップ契約を締結した。

販売代理店契約の締結で、MHHは、ソーラーフロンティアの次世代型CIS薄膜太陽電池を2011年3月からドイツで販売する。

契約期間は複数年で、供給量は合計で100MWを上回る見込み。

ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は経済性に優れており、安価で生産効率が高いほか、カドミウムや鉛を使用していないのが特長。今回のパートナーシップ契約でMHHに供給するモジュールは、近く稼働開始予定の宮崎第3工場で製造する予定。