世界初の副変速機付ベルトCVT(JF015E)

ジヤトコは、CVT(無段変速機)の累計生産台数が1997年に初めて生産開始して以来、約14年間で1000万台に達したと発表した。単一メーカーでCVT累計生産台数が1000万台に達するのは世界で初めて。

同社は、1997年に世界で初めて2リッタークラスに対応した金属ベルトCVT「F06A」の生産を開始した。その後、1999年に世界初のトロイダルCVT「JR006E」を開発・量産化。2002年にはベルト式CVTとして現在でも世界最大のトルク容量となる3.5リッタークラス向け大型FF車用ベルトCVT「JF011E」を生産開始するなど、ラインアップを拡充してきた。これまで7機種を市場投入した。

CVTは低燃費化に貢献する。環境・燃費への関心の高まりを背景に、需要は増加している。生産拠点は2005年11月にメキシコ、2009年9月に中国と増設を続けている。現在、国内4拠点、海外2拠点の計6拠点でCVTを生産している。

なお2009年、全世界で生産されたCVT生産台数に占めるジヤトコのシェアは、業界トップの41%だった。