MRワゴン 新型モデルは個性的デザインと広い室内空間が特徴

スズキが20日に発売した『MRワゴン』。新型モデルでは個性的なデザインに加えて広い室内空間が特徴となっている。「やはり軽自動車では、ユーザーは広さを重視しているのだと感じています」と、MRワゴンの開発責任者大西伊知郎氏は語る。

大西氏は「スズキでもこれまでに、上質をテーマとした『セルボ』などを提案してきましたが、お客様からはいい車だと評価いただけるのですが、なかなか販売につながりませんでした」と、軽市場で付加価値の高い商品を提案する難しさが語られた。

広大な室内空間を持つ軽自動車はダイハツ『タント』の登場から始まったものであるが、タントの躍進は軽自動車の開発者にとって気になるもののようだ。タントの躍進について、大西氏との会話では、軽自動車においては、室内空間の広さを確保した上でクルマのキャラクター分けをしていくことが重要となるとの考えが示された。

MRワゴン 新型モデルは個性的デザインと広い室内空間が特徴 MRワゴン 新型モデルは個性的デザインと広い室内空間が特徴 MRワゴン 新型モデルは個性的デザインと広い室内空間が特徴 MRワゴン 新型モデルは個性的デザインと広い室内空間が特徴 MRワゴン 新型モデルは個性的デザインと広い室内空間が特徴 MRワゴン 新型モデルは個性的デザインと広い室内空間が特徴 MRワゴン 新型モデルは個性的デザインと広い室内空間が特徴 MRワゴン 新型モデルは個性的デザインと広い室内空間が特徴 MRワゴン 新型モデルは個性的デザインと広い室内空間が特徴 MRワゴン 新型モデルは個性的デザインと広い室内空間が特徴 MRワゴン 新型モデルは個性的デザインと広い室内空間が特徴