F-150

フォードモーターは18日、米国ミズーリ州のカンザスシティ工場に、4億ドル(約330億円)を投資すると発表した。

同工場では、フォードの主力ピックアップトラックの『F-150』と中型SUVの『エスケープ』を生産中。今回の投資によって製造ラインを改修し、新型車の生産に備える。

現時点で、この新型車の詳細は不明。しかしフォードは、エスケープの生産をケンタッキー州ルイスビル工場に移管すると発表していることから、エスケープに代わる車種になると見られる。

フォードアメリカのマーク・フィールズ社長は、「今回の投資は、米国で生産を続け雇用を維持するというコミットメントの一環」とコメントしている。