ティレルP34 1976 JAPAN GP

京商は、アメリカ・トゥルースケールミニチュアズと共同開発した18分の1スケール・ダイキャスト製ミニチュアカー『ティレルP34 1976 JAPAN GP No.3』『ティレルP34 1976 JAPAN GP No.4』と専用ディスプレイケースを2月下旬から発売する。

新製品2機種はともに、1976年10月に富士スピードウェイで開催された日本初のF1レースに出走したティレルP34を再現した組立て、塗装済みのミニチュアカー。

ティレルP34は、空気抵抗を低減するため、前輪を極端に小型化、減少する接地力を補強するため、前4輪・後2輪という奇抜なスタイルを採用したマシンで、F1史上唯一、実戦投入された6輪車としても有名。当時、日本では「6輪タイレル」の通称で親しまれた。

製品は、シートベルトや前4輪に連動するステアリング機構を設けたコクピット、三角形状のエアファンネルカバーを外すと繊細なパイプやケーブルが張り巡らされたフォード・コスワースDFVエンジンなどのディテールについても巧みに再現した。

リヤウイングの形状などは、3号車と4号車で異なる箇所を作り分けた。タイヤは、当時実際に雨の中行われた富士スピードウェイでのレースと同じく、レインタイヤを装着。付属のレンチにより6輪とも着脱が可能となっている。タイヤを取り外すとサスペンションやブレーキシステムなどを確認することができる。

このミニカーは世界限定各1500台で販売する。価格は各モデルとも1万9950円。青地に黄色のストライプをデザインした「ティレルカラー」の木製ベースに、富士スピードウェイの当時のコースレイアウトをプリントした専用ケースは6090円。

ティレルP34 1976 JAPAN GP ティレルP34 1976 JAPAN GP ティレルP34 1976 JAPAN GP ティレルP34 1976 JAPAN GP ティレルP34 1976 JAPAN GP ティレルP34 1976 JAPAN GP ティレルP34 1976 JAPAN GP ティレルP34 1976 JAPAN GP