ハミルトン(向かって左)とバトン(アブダビGP)

ダブルチャンピオンのラインアップを揃えながら、チャンピオンシップ制覇はならなかった2010年のマクラーレン。

しかしチームメイト間の確執が囁かれるレッドブルやフェラーリとは異なり、イギリス人同士とあってお互いに協力的なルイス・ハミルトン&ジェンソン・バトンのラインアップが一番優れているとマクラーレンのマーティン・ウィトマーシュ代表は語る。

「私から言わせれば、ルイスとジェンソンは現在F1界の最強ラインアップだよ。どのチームも羨んでいるはずさ。レッドブルやフェラーリ、メルセデスさえもね」

「彼らは本当にフレンドリーだし、お互いに協力的なんだ。チームのために本物のパフォーマンスを提供してくれる。攻撃性をうまくコントロールしながら、どんな戦略にも対応する。マシンのスピードが伸びないときでさえ、レース手腕を発揮してくれるんだ」と、ウィトマーシュは自らのチームの両ドライバーを褒め称えている。

ウィトマーシュ(アブダビGP)