淀川製作所 Meguru

淀川製作所は19日に開幕した「オートモーティブ ワールド2011」に和風デザインの3輪EV『Meguru』を出展した。この3輪EVは「中小企業の町、守口市(大阪府)をなんとか再生しよう」と、同社を含めて4社の中小企業によって昨年3月に製作された。

ボディは樹脂に上に和紙を貼って漆塗りで仕上げ、ドアは京扇子を模した360度開き。それに床面には本物の竹を使用。電気自動車というよりも、京都の公家が乗る御所車といったほうがふさわしい車である。そして、電池はリチウムを搭載し、フル充電で約40kmの走行が可能。最高速度は40km/hだ。

その反響は大きく、地元関西はもとより全国的に話題を呼び、展示会などで引っ張りだこになったという。もちろん、問い合わせをしてくる業者も多く、数か所からオファーが来たそうだ。

そこで、生産体制が確立したのを機に、このほど受注生産を開始。「現在、研究用に2台、販売用に2台製作しているところです。4月5日には発売第1号のセレモニーをやろうと考えています」と小倉庸敬社長。肝心の価格は100万円から150万円とのことだ。

淀川製作所 Meguru 淀川製作所 Meguru