通行料を払うことなく高速道路の料金所を大型バイクで突破していたとして、京都府警は17日、京都市内に在住する63歳の僧侶の男を道路整備特別措置法違反(高速道路の不正通行)容疑で逮捕した。ETC車載器の故障を主張し、容疑を否認している。

京都府警・高速隊によると、直接の逮捕容疑は2010年8月12日の午前10時45分ごろ、京都市山科区内の阪神高速京都線・山科料金所のETCレーンを大型バイクで突破。通行料450円の支払いを不正に免れた疑いがもたれている。料金所の職員が発見して抑止したが、男は「盆の忙しい時期なので」と言い訳し、そのまま走り去ったという。

この男のものとみられるバイクは、これ以外にも約80回に渡ってETCレーンをすり抜けていった疑いがあり、その様子は防犯カメラが撮影していた。バイクのナンバーを職員が記録しており、これを元に男を割り出して逮捕した。

男のバイクにはETC車載器が搭載されていたが、作動していなかった。調べに対して男は「請求が無いことを不思議に思ったが、機器の故障だと思っていた」などと供述しているようだ。