16日午後9時15分ごろ、茨城県鉾田市内の県道を走行していた捜査車両(覆面パトカー)に対し、対向車線側から逸脱してきた乗用車が正面衝突する事故が起きた。この事故で警官3人が負傷。警察は運転していた31歳の男を現行犯逮捕している。

茨城県警・鉾田署によると、現場は鉾田市野友付近で、片側1車線の直線区間。捜査車両は同署の所属で、当時は緊急走行状態ではなかった。乗用車は対向車線で急ブレーキを掛け、その弾みで逸脱してきたとみられる。

双方の車両は衝突によって中破。捜査車両に乗車していた同署員3人が打撲などの軽傷を負った。警察は対向車を運転していた同市内に在住する31歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は「前走車に追突しそうになり、急ブレーキを掛けたらスリップした」などと供述しているようだ。路面の一部は凍結し、滑り易くなっていた。警察では漫然運転が事故の主因とみている。