エアロアイ III IRV3300H

NECは、独自の防振機能を採用することで振動の多い環境でも安定した映像を撮影できるヘリコプター用赤外線カメラ『エアロアイ III IRV3300H』を製品化した。

新製品は、小型軽量のヘリコプター用赤外線カメラ「エアロアイ」をベースに、独自に開発したジンバル機構、ジンバルを高精度に制御する防振機能を採用した。これにより、機体からの振動の影響を抑え、鮮明な赤外線映像を自由なアングルで撮影することが可能になる。VGA相当の非冷却型赤外線センサーと、ヘリコプター搭載に適した独自の映像処理技術を採用し、鮮明な赤外線映像の撮影を実現する。

撮影した映像は、ヘリコプターの機内モニターや、ヘリコプター・テレビ伝送システムにリアルタイムで配信できる。

同社では、新製品の第1号として、総務省消防庁への納入を完了した。今後、同庁が運用するヘリコプターに搭載され、消防・防災活動での捜索・探索・情報収集などに使われる予定。消防、警察、海上保安庁、報道機関や、一般ヘリコプターの運航支援用途などをターゲットに、シリーズ全体で年間50台の販売を見込んでいる。