X1

BMWは18日、新型4気筒ガソリンターボエンジンの概要を明らかにした。まずは、欧州向けの『X1』に搭載される。

このエンジンは、欧州を中心に広がるダウンサイジング(排気量の縮小)トレンドに沿って、新開発したもの。6気筒エンジン並みのパワーと、4気筒ならではの燃費性能を両立させているのが特徴だ。

新しい4気筒エンジンは、1997ccの排気量を備え、ツインスクロールターボチャージャーで過給。最大出力は245ps/5000rpm、最大トルクは35.7kgm/1250rpmと、自然吸気(NA)3.0リットル直列6気筒(最大出力258ps、最大トルク31.6kgm)に対して、互角かそれ以上のスペックを獲得する。

このエンジンを最初に搭載するX1の「xドライブ28i」グレードは、0-100km/h加速6.1〜6.5秒、最高速240km/hの実力。自然吸気3.0リットル直6を積む旧xドライブ28iとの比較では、0-100km/h加速は最大0.7秒短縮させた。トランスミッションは6速MTが標準で、8速ATはオプションだ。

環境性能の向上こそ、新エンジンの真骨頂。欧州複合モード燃費は12.66km/リットル、CO2排出量は183g/kmと、燃費は最大16%、CO2排出量は21%改善された。これはアイドリングストップやシフトアップインジケーター(MT車)、最新の直噴システム、バルブトロニック、ブレーキエネルギー回生システムなどの効果である。

BMWはこの新エンジンを、X1に続いて、『3シリーズ』、『5シリーズ』、『1シリーズ』、『X3』などに拡大展開し、自然吸気の3.0リットル直列6気筒を置き換える計画。BMWの代名詞ともいえる「ストレート6」は、将来的にターボのみとなる可能性がある。

X1 X1 X1