15日午後10時35分ごろ、栃木県矢板市内の国道4号を走行していたワゴン車が対向車線側へ逸脱。対向車線を順走していた大型トレーラーと正面衝突する事故が起きた。ワゴン車は大破。乗っていた5人が重傷を負っている。

栃木県警・矢板署によると、現場は矢板市片岡付近で片側1車線。ワゴン車は凍結路面にハンドルを取られてスリップ。コントロールできない状態のまま対向車線側へ飛び込んだとみられる。

衝突によってワゴン車は大破。運転していた大田原市内に在住する57歳の男性と、助手席に同乗していた21歳の男性が全身強打で重体、後部座席に同乗していた51歳と22歳の女性、21歳の男性が骨折などの重傷を負い、いずれも近くの病院に収容されている。トレーラーを運転していた46歳の男性にケガはなかった。

当時、現場付近では数センチの雪が積もり、路面が広範囲にわたって凍結。非常に滑りやすい状態となっていた。