CT200h発表会

全体相場は小幅続伸。中国・上海市場の落ち着きを受け、主力銘柄を買い戻す動きが優勢となった。ただ、日米主要企業の2010年10〜12月期決算を見極めたいとのムードが強く、商いは低調。平均株価は前日比16円高の1万0518円と小幅の上げにとどまった。

自動車株は高安まちまち。 トヨタ自動車が10円高の3510円、日産自動車が7円高の844円と反発。いすゞ、日野自動車がしっかり。

一方、ホンダは5円安の3320円と小幅ながら続落。スズキ、ダイハツ工業、三菱自動車、富士重工がさえない。マツダは247円で変わらず。